• 笑顔の女性
    欠けた歯をそのままの状態で放置してしまうことによって、口内にさまざまなトラブルを発生させてしまうことになります。
  • 白い歯
    従来の安定感のない差し歯と比較して優れた安定感が特徴であるインプラントですが、このインプラントの安定感の秘密は歯根にあります。

欠けた歯を修繕する

欠けた歯をそのままの状態で放置してしまうことによって、口内にさまざまなトラブルを発生させてしまうことになります。
口内のトラブルを未然に防ぐためには、欠けてしまった歯は元通りに修繕する必要があります。

欠けてしまった歯を修繕するために一般的な方法としては、差し歯を設置する方法があります。
人工的に作られた差し歯を設置することによって、歯が欠けてしまい生まれた空間を埋めることができます。
しかし、差し歯を行なう際に修繕することができるのは歯の本体部分のみになります。
歯の本体部分のみを歯茎に被せる状態になるので、どうしても安定感がありません。そこで差し歯を設置する際には安定感を持たせるために金具を使用して両サイドの歯に固定する必要があります。

このような方法を使用することによって今までは差し歯を設置していましたが、現在はほかの健康的な歯に頼ることなく人工の歯を設置する方法があります。
ほかの健康的な歯に頼ることなく歯を設置するために行われている治療方法が、インプラント治療なのです。

Powered by WordPress | Designed by: Download Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, Premium Themes and Compare