• 笑顔の女性
    欠けた歯をそのままの状態で放置してしまうことによって、口内にさまざまなトラブルを発生させてしまうことになります。
  • 白い歯
    従来の安定感のない差し歯と比較して優れた安定感が特徴であるインプラントですが、このインプラントの安定感の秘密は歯根にあります。

設置までの流れ

歯を見せる女性

インプラントを設置するためには、かなり長い時間が必要になります。
インプラントは骨に固定する必要があるため、その骨に歯根を固定させるまでには長い期間が必要になるのです。
では一般的にインプラント治療はどのような流れで行われているのかということを説明しましょう。

まずインプラント治療を行なう場合、歯根を歯茎に埋め込む必要があります。
歯根を歯茎に埋め込むためには、歯茎を切開します。歯茎に歯根のサイズに合わせて穴を開けることによって、歯根を埋め込むことができるのです。
歯根を歯茎に埋め込んでアゴの骨に固定したら、切開した歯茎を一旦閉じます。その後歯根がアゴの骨に安定するまでの期間は何もせずに安定を待ちます。数ヶ月ほどの時間をかけて、アゴの骨と歯根が固定されます。
アゴの骨と歯根が固定されてからようやく歯根の上に土台を設置して、人工歯を設置します。
インプラントを設置するまでの流れは一般的にはこのような方法を使用して行われます。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.

Powered by WordPress | Designed by: Download Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, Premium Themes and Compare