• 笑顔の女性
    欠けた歯をそのままの状態で放置してしまうことによって、口内にさまざまなトラブルを発生させてしまうことになります。
  • 白い歯
    従来の安定感のない差し歯と比較して優れた安定感が特徴であるインプラントですが、このインプラントの安定感の秘密は歯根にあります。

大切なメンテナンス

治療

インプラントの寿命はほぼ半世紀というほど高い耐久性を持っています。
しかし設置してから何もせずに長期間状態を保つことはできません。インプラントを長持ちさせるためには、必ず定期的にメンテナンスを行なう必要があります。
クリニックで定期的なメンテナンスを行なうことに加えて、日頃から念入りに歯磨きを行なうなどといったケアを欠かさないようにすることが大切です。

歯磨きは毎日行う必要があるケアですが、クリニックで行なうメンテナンスもどのようなサイクルで行えば良いのかを把握しておきましょう。
クリニックで行なうメンテナンスは、半年に一回は行なう必要があります。半年に一回メンテナンスを行なうことによって、インプラントの状態を長期間保ち続けることができるのです。
インプラントには半永久的に状態を保つ高い耐久性があるとは言っても、歯根の上に被せている人工歯に関しては交換が必要になります。
その歯根を交換するタイミングに関しても、定期的なメンテナンスを行なうことによって劣化が発生したらすぐにでも交換することができるのです。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.

Powered by WordPress | Designed by: Download Free WordPress Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, Premium Themes and Compare